So-net無料ブログ作成

かぼちゃのグラタン ~ 小麦粉をよく焼く② [野菜]

グラタンとシチュー、クリーム煮の違いは上にチーズをのせて天火で焼くか、焼かないか。そんなことどうでもいいことだけど、シチューやクリーム煮の残りがあったら、チーズをかけて焼けばグラタンにすることもできる。

グラタンの材料は自由自在である。チーズも何を使おうが構わない。
チーズだけでもできそうだけど、それじゃあ濃厚すぎて食べられないかも。。。

先に投稿した記事、「里芋のグラタン ~ 小麦粉をよく焼く①」と材料・作り方はほぼ同じ。両方とも弁当で持っていったもの。こんなのをお昼に食べたら、ワインが欲しくてたまらない。


  <材料>
  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • ソーセージ
  • 生ハム
  • カマンベールチーズ
  • パルメザンチーズ
  • 生クリーム
  • 小ねぎ(青ねぎ)
  • 小麦粉(強力粉)
  • 白ワイン
  • コショウ
メインとなるかぼちゃ。細長く変形(?)してしまったかぼちゃで、握りこぶし2個分くらいの小さいもの。貰ったもので、ふつうこういうのはスーパーなどの店頭には並ばない。


かぼちゃだけではもの足りないので、ソーセージと生ハムを加える。何か動物性が入らないと、グラタンは食べていくうち飽きていく。

チーズは贅沢にカマンベールチーズを入れる。細かく切って散らすのではなく、ドーンと具材として使う。こういうのもおいしい。

牛乳を使わず生クリームだけで作るからバターは要らない。入れると味が濃くなりすぎる。


  <下ごしらえ>
  • かぼちゃをひと口大に切る。。
  • 玉ねぎを薄切りにする。
  • にんじんを薄切りにする。
  • ソーセージと生ハムを食べよい大きさに切る。
  • カマンベールをひと口大に切る。
  • 小ねぎを小口に切る。
  • オーブントースターを予熱する。

ラグビーボールみたいに変形したかぼちゃでも、2つに割ったら同じかぼちゃ。


種をスプーンでくり抜く。かぼちゃを保存するときは種は外して冷蔵庫へしまう。種をつけたままにしておくとカビる。


かぼちゃは皮が硬い。包丁を入れるときは斜めに刺して前へ押すこと。引いたら危ない。


にんじんは玉ねぎといっしょで、常備している野菜。

しかし、いつも困ることがある。独り者でにんじんを常備していると、ほぼ毎日登場してくる。同じ切り方では飽きるのと、少しだけ切るのはできないこと。
グラタンに1人分のにんじんなら、上の写真の量では多い。3切れあれば十分。
3切れのにんじんを、毎日形を変えてどうやって切るの? どなたか教えて欲しい。

輪切りかいちょうの薄切りなら、無駄なく少しずつカットすることができる。でもそれじゃあ楽しくない・・・

にんじんは生で食べても甘くておいしい。切りすぎたらよくそのままつまみ食いする。自分だけだから、つまんだのバレても怒られません。

ソーセージと生ハムはそれぞれ適当な大きさに切る。




カマンベールをカットする。

この量では多過ぎ。半分でも多いよ。

カマンベールは具材として使うから、大きくカットし、白カビは外さない。

カマンベールをとろとろに溶かして、グラタンを包み込むようにするなら、白カビは外した方がよい。クリーム煮やパスタにカマンベールを使う場合も、「白カビの部分は溶けない」から外す。

外した白カビは捨ててはいけない。一番簡単な白カビだけのおいしい食べ方を紹介する。
黒コショウを挽いてオリーブオイルを垂らす。そして、上に小ねぎ(青ねぎ)を散らす。
チーズと青ねぎの相性は非常に良い。立派なワインのアテだ。


<作り方>
1.フライパンにオリーブオイルを引いて、玉ねぎを弱火でじっくりと、水分が抜けるまで炒める。

焦がさないように。

急ぐなら玉ねぎを端へ寄せて、どんどん次の材料を炒めていくといい。全部の具材に火が通るころに、甘い香りを放ってくれる。
ただし、混ぜて一緒に炒め合わせないこと。火が入りすぎる。


2.かぼちゃの皮を下にしてじっくり炒める。

かぼちゃの硬いのは皮だけ。実はすぐに火が通り、以外にも崩れやすい。皮さへ焼いて火を通せば、後は少し煮るだけでやわらかくなる。かぼちゃは下茹では不要。

実の方もこんがり焼いた方がおいしい。皮が焼けたらひっくり返して少し焼いておく。
火が通ったかどうかは、色が変わったかどうかで分かる。

3.にんじんとソーセージを炒める。

材料はガシャガシャ混ぜない。こんがり焼き付ける感覚で。
気持ちだけ急いで掻き回すとまずくなるよ。強火でガーッとやるのもいけません。

4.生ハムを入れて炒める。
生ハムはすぐ火が通る。サッと両面焼く。

5.小麦粉を入れて粉気がなくなるまでよく炒める。
小麦粉は強力粉。
この炒める工程は大事なのでじっくりと。



まずフライパンを煽って粉を材料全体に混ぜ合わせる。


弱火でジュージュー言わせる。音を良く聴く。
焦げると言ってきたらフライパンを煽って、木べらでひと混ぜして、材料を広げながら、ゆっくり混ぜる。

これを繰り返す。

途中でオリーブオイルを足したりすると、余計に粉がダマになる。
白い粉が完全になくなるまでじっくり焼く。


どうしても耐え切れずに、焦げを防ぎたくなったら、白ワインを足すといい。

6.白ワインを注ぎ、アルコールと水分を飛ばす。
量は好きなだけ。ただし、水分を全部飛ばしてしまうこと。

7.生クリームを入れて塩コショウし、弱火で乳臭さがなくなるまで煮る。
このあとパルメザンチーズをかけるから、その分控えめに塩をする。生ハムも入っているから、要らない場合もある。




8.耐熱の器に移してカマンベールチーズを入れ、パルメザンチーズを振りかける。


9.オーブントースターでパルメザンチーズが溶け、少し焦げ目が付くまで焼く。


10.小ねぎを散らして完成。



熱いところにねぎを散らすと、何とも言えぬ香りが漂う。
これは明日の弁当。食べてはいけない。

ねぎの香りに酔いしれ、コショウを振るのを忘れた。

カマンベールは具材としてグラタンの中に入っている。濃厚なカマンベールグラタンともいえる。子供には無理かも。
しかし、これはかぼちゃのグラタン。かぼちゃがチーズに包まれ、黄色いもったりとした甘さが引き立つのである。
ねぎの爽やかな香りもたまらない。


関連記事
・里芋のグラタン ~ 小麦粉をよく焼く①

・鶏肉と白菜のクリーム煮 ~ シチューとグラタンの違いは?


・かぼちゃの蒸し焼き



Take my sorrow and my sin.
I will run into Your arms again.
Hold me Father.

Sixpence None The Richer - Breathe

クリックすると YouTube へ飛びます。


ずっとひとりで生きてきたのは、放っておかれるのが好きだから。
誰になんて思われても気にしない。こっちもまわりを気にしていない。

放っておいてくれないと、揺らいで、悲しいことを思い出す。どうして放っておいてくれなかったの。



        TOP    HOME





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます