So-net無料ブログ作成

エリンギのピザ ~ 素材の味を活かす?② [パスタ・ピザ]

エリンギと市販のピザを使って簡単にできる、素材の味を活かす(?)ピザ。パスタと同時に作ると、共通の材料で2つおいしいものができる。


  <材料>
  • 市販のピザでチーズだけのもの
  • エリンギ
  • トマトソース
  • モッツァレラチーズ
  • コショウ
  • オリーブオイル
市販のピザはチーズだけのもの。トマトソースが塗ってあるのは不思議な味がする。そんなのより生のトマトをのせて焼いたほうが断然おいしいよ。

チーズはモッツァレラでなくても、ナチュラルチーズなら何でもよい。クリームチーズなら安上がりでおいしいものができる。(Tips1)

トマトソースの作り方は、「エリンギのトマトソースペンネ ~ 素材の味を活かす?①」の記事の方にリンク有り。

  <下ごしらえ>
  エリンギのトマトソースペンネと同じ
  • トマトソースを解凍する
  • エリンギを縦に2つから4つに切る
  • エリンギに軽く塩をしてオリーブオイルを絡める
  • モッツァレラチーズを適当な大きさに切る

<作り方>
1.エリンギをオーブントースターで焼く。

エリンギの香りが出るまで。この後、ピザの上にのせて焼くので焼き過ぎないこと。

2.ピザにトマトソースをのせる。


3.エリンギとモッツァレラチーズをのせる。


4.オーブントースターやオーブン、グリルで焼く。
焼く温度は可能なかぎり高く。焼く時間は可能なかぎり短く。高い温度で早く焼くのがピザにはおいしい。
モッツァレラチーズが溶けたら焼き上がり。


5.コショウを振ったら出来上がり。


好きならオリーブオイルをふりかける。パセリやバジルをのせてもおいしい。

簡単にできる、エリンギの素材の味を活かす(?)作り方。
こんな手抜きでも、エリンギを加熱しすぎず、丁度に火を通せば、香り豊かなエリンギが主役のピザになる。


関連記事
・エリンギのトマトソースペンネ ~ 素材の味を活かす?①


Tips1
チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがある。違いは「加熱してないか」、「加熱してあるか」。
とろけるチーズと言われるものはナチュラルチーズで、プロセスチーズは焼いても溶けない。

モッツァレラチーズには白い「フレッシュ」と黄色い「熟成」がある。もちろんいずれもナチュラルチーズ。
それぞれ用途は違うけれど、「熟成」の方をそのまま食べると、「フレッシュ」と同じ風味と食感がある。どちらも加熱して食べるなら、完全に溶かさないとおいしくない。また、冷めるとゴムみたいになるので、熱々の状態で食べるのがよい。

パルメザンチーズは粉チーズとして、丸い筒に入って売っていて、室温でも保存できる不思議なチーズ。自分で削って食べるような、ホールの状態で売っているものは、もちろん室温保存できない。

ブルーチーズは青カビのチーズで、強い香りがありとてもおいしい。これ単独で食べるよりはブリー(ブルーとは違う)やチェダーなど、数種類のチーズと一緒に食べると、もっとおいしく食べられる。ピザやパスタ、料理にもいろんなチーズを組み合わせた方がおいしい。

モッツァレラ、カッテージ、マスカルポーネはフレッシュチーズ。クリームチーズはソフトと言われるチーズ。どれも、それ自体には味はあまりなく、チーズの風味を愉しむためのもの。砂糖を加えればスイーツも作れる。

カルボナーラにはパルメザンチーズじゃなきゃならないことはなく、他の「ナチュラル」チーズだったら何でもできる。塩味のしないチーズを使うなら、塩を足してやればいいだけ。いろんなチーズの風味が愉しめておいしい。

戻る

チーズを使ったパスタの記事
・チェダーチーズでカルボナーラ
・チーズのスパゲティ
・スモークサーモンのクリームスパゲティ ~ ディルの甘い香り


・サーモンとディルのスパゲティ


        TOP    HOME



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます