So-net無料ブログ作成

枝豆のせいろ蒸し ~ 豆の甘みと食感を愉しむ [野菜]

せいろで蒸すと、食材は不思議と甘くなります。
枝豆に限らず、豆、他の野菜、お肉も調味料を使わず「甘み」を加えるのに一番良い方法は、蒸すこと。
蒸すとそのままでもおいしく、最低限の味付けだけで食べられるようになります。塩分や糖分を制限しないといけない人は、蒸し調理をすると良いです。


・枝豆のせいろ蒸し ~ 豆の甘みと食感を愉しむ

  <材料>
  • 枝豆
枝豆は枝つきが売っていたら、迷わず枝つきを買ってくること。ただ、日にちがたつと風味もおいしさも落ちていきます。見分けは難しいかもしれませんが、さやや葉の色、匂いを嗅いだり、根っこに付いた泥などを見ます。泥が付いていて乾燥してないこと。

買って帰ったらすぐに調理した方がいいですが、無理なら枝豆を枝からハサミで切り取っておきます。それもできないようなら、最低限、葉っぱだけ外しておきます。葉の方には枝豆は付いてないから、枝ごとハサミで切り落とすのが簡単かな。
葉は大根みたいに実の栄養と旨みを吸い取っちゃいます。

枝豆だけの枝についてない袋入りを買って来たら、もうすでに劣化が始まってるので、冷蔵庫で保存すること。


  <下ごしらえ>
  • 枝豆をハサミで枝から切り取る。
  • 枝豆を水で擦り合せるように洗って泥を落とす。
  • 水気を切った枝豆に塩をして10分くらいおく。

ボールやたらいに枝豆と水を入れて、枝豆同士でごしごし擦り、泥やゴミを落とします。何度か水を替えて繰り返す。
けっこうな量の泥が出てきて、完全に取り去ることはできず、何度もやってもきりがありません。3、4回もやれば十分。土の付いたものを食べることは良いことです。

よく、洗うときに塩をしてゴシゴシしますが、それは枝豆の産毛を取り去るためです。私は産毛は気にならないので、洗うときは水だけ。水でも枝豆同士でゴシゴシすれば、けっこう産毛も取れます。


水気を切ったら塩をします。塩の量は計ってないですが、かなり「強気」。こんなに振ったら塩辛いって思っても、この後調理すると、たいてい塩が足りない。
そうは言っても限度があるので、ちょっと多いなあって思うくらいでやめて、調理後、直接塩を振ればいいです。
手で混ぜて全体に塩を行き渡らせる。


<作り方>
1.お湯を沸かす。

2.せいろに枝豆を入れる。

枝豆は塩の作用で水分が出てくる。塩は溶け切らずに残っていますが、その塩は水で洗い流さず、そのまませいろに入れます。

3.枝豆を強火で5分~7分蒸す。
蒸し時間は枝豆の量と火力で違ってきます。
だいたいですが、5分だとコリコリとした食感が強く残せる。7分だとちょうど良い。


蒸している途中で、せいろの蓋をあけて食べて食感を確認します。熱々は味をあまり感じないので、その時は火の通りだけを見ます。

塩も蒸されてせいろや鍋にかなりな量こびり付きますが、塩だから洗えばきれいに落ちます。
せいろよりも口径が小さい鍋で蒸すと、塩がコンロに落ちます。蒸し板があるとどんな鍋でもできるので便利ですよ。コンロに水滴も垂れません。


4.蒸した枝豆をざるにのせて冷ます。必要なら塩をする。

ひとつ、ふたつ食べてみて、塩が足りなければ塩を振る。


5.冷蔵庫で冷やす。

枝豆の香りを愉しむには蒸してから粗熱が取れたくらいで食べる。青い香りがほんのり漂います。
枝豆は冷まして、さらに冷蔵庫で冷たく冷やしたほうが、私ははおいしいと思います。でも、冷やすと香りは無くなります。
室温で温めたワインの香りと、キリリと冷やしたワインの飲み口のどっちを取るかと同じ。どっちもおいしいですが、その時の気分や目的で変えと愉しいです。

せいろがなくても、もちろんアルミやステンレスの鍋、中華鍋でも蒸せます。加熱時間はほぼ同じ。
ただ、せいろは蓋の上から蒸気が逃げていきます。蒸し器などだと、蓋に上がった蒸気が冷め、水滴になって枝豆に垂れてきます。これを防ぐにはふきんや蒸し布で蓋をくるんで蒸します。火事が怖いし面倒だから、せいろは1個持っておくと良いと思います。


茹でるより断然おいしい。豆の甘みもコリコリとした食感も強く感じます。蒸し時間をほんの1分、何十秒変えるだけで出来上がりを調節できます。
それに、蒸すと甘みが増すので、塩の量が足りなくてもおいしく食べられます。


冷凍の枝豆を買って食べることはないですが、もし、妙に甘くておいしい冷凍枝豆を食べたら、『味の素』を疑ってください。化学調味料は「旨み」で、素材の「美味しさ」を化学の力で引き上げる力を持っています。

冷凍枝豆をおいしく食べる方法をお教えします。

->味の素をたっぷり振りかける。

味がもの足りないからって、塩をたくさん振ったら塩辛くなるだけ。味の素があれば、おいしくなります。


せいろ、味の素、どっちを選びますか?

関連記事 
・枝豆の土鍋蒸し焼き ~ 青臭さを味わう
・枝豆せいろ蒸し ~ 来年までさようなら 
・せいろ蒸し枝豆
蒸す調理のレシピ
・白菜と豚バラ肉のせいろ蒸し
・もやしと豚バラ肉のせいろ蒸し ~ 削り節とぽん酢で
・菜の花と鶏肉のせいろ蒸し ~ 味付けは梅干だけ
        TOP    HOME






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます