So-net無料ブログ作成

なすのトマトソース焼き ~ お弁当 [お弁当]

なすとトマトソース、チーズを重ねてオーブンで焼くだけの簡単なもの。トマトがなすのおいしさを引き立てます。


  <材料>
  • なす
  • 溶けるチーズ
  • 生ハム
  • イタリアンパセリ
  • トマトソース
  • 小麦粉
  • オリーブオイル
分量は食べたい分だけ。焼く時のグラタン皿などの大きさに合わせる。生ハムはなくてもいいですが、少し別の旨みを足すと、よりおいしくなる。

トマトソースの作り方は
トマトソース① ~ 何にでも使えるソースに
少し手間がかかる作り方なので、簡単に済ませるには、
 ・トマトの缶詰を顆粒コンソメを少量加えて煮詰める。
 ・玉ねぎのみじん切りを炒めて、トマトピューレやトマトジュース、トマトの缶詰などで煮る。
 ・生のトマトの皮を剥いて、種を取ったら細かく切って、塩コショウをして、オリーブオイルで炒める。

など、いろいろあります。
手抜きをするなら、市販のトマトソース、ミートソース、パスタソースを使う。


1.主役のなすの下ごしらえをする。
なすは縦に5mmくらいの厚さに切って、アクを抜くために塩をして10分くらいおく。

水分が出てくるので、布巾やペーパーで拭き取る。

2.なすを揚げ焼きにする。
なすの表面に小麦粉をまぶしたら、フライパンにオリーブオイルを多めにひいて、揚げ焼きにします。

油は高めの温度で、手早くカリッと焼き上げる。なすが油を吸うため、低い温度だと、中がくたーっとなってしまいます。なすの表面がこんがりしたら、網に上げて油をきります。
余熱でも火が入っていくので、表面がうっすらきつね色の時に上げる。後で、オーブントースターで焼くので、中まで火は通さなくていい。

3.耐熱皿にトマトソースをひく。

容器の一番下はトマトソース。うすく引けばいいです。

4.なすとチーズをのせる。

チーズは溶けるものなら何でもいい。写真のチーズはゴーダをスライスしたもの。

5.生ハムをのせてトマトソースをかける。

トマトソースは少しでいい。たくさんかけると、ナスの煮込みになってしまいます。

6.4、5を繰り返す。
何でこんな容器で焼くか? は、これが私のお弁当箱だから。
グラタン皿などでする時は、なすを横に2列、3列と並べてやればいいです。

7.オーブンやオーブントースターで焼く。
温度や時間は機種によりますが、だいたい180度で15分くらい。全ての材料はそのまま食べられますので、火を通すのが目的ではありません。
チーズが溶けて、なすとトマトソースがなじめば、それでOK。
途中、焼けているのを見ると、ソースがふつふつしているはずです。冷凍食品のグラタンのように、とろとろのソースが固まって焼けるのとは違い、シャバシャバのトマトソースが煮えている感じです。

チーズが溶けていい感じになったら、イタリアンパセリをちぎって散らせば完成。

熱々じゃなく、すこし冷まして味をなじませてから食べる。

トマトソース、チーズの味にもよりますけど、塩気が足りないと感じるかもしれません。足りなかったら、粉チーズをかけるか、塩コショウを少しする。


とろとろのグラタンのようなのがよければ、トマトソースを作る時に、ホールトマトの身を入れたまま煮詰めたものを使う。ミートソースを使う。など、ソースにとろみをつけたのでどうぞ。


関連記事 
・鶏肉となすのトマトソース煮 ~ カチャトーラ?
・オムライス弁当 ~ ケチャップ使わないで
・トマトソース② ~ ワインの煮詰めがポイント
・しめ鯖と鯖となすのパスタ
・トマトな筑前煮と普通の筑前煮
イタリアンパセリの保存の仕方 
・野菜の保存の仕方② ~ イタリアンパセリ 

        TOP    HOME






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます