So-net無料ブログ作成

釣魚料理図鑑 我が家でさばこううまい魚101 [本]

すばらしい本を見つけました。私の好きな西潟正人さんの著書、「釣魚料理図鑑」です。
魚をさばく時にいつも不安なのが、虫、寄生虫。加熱調理する時は気にしませんが、刺身や酢ジメで食べる時、よく見ているつもりでも、なかなか発見できません。

さんまの刺身の項では、

-----引用始め-----
そしてまたいくら新鮮であっても、恐ろしいアニサキス線虫の恐れもある。旨いとされるサンマの内臓だが、素速く取り除くことが重要だ。
P.262
-----引用終わり-----

どの魚でも、虫がいそうな魚なら、注意やアドバイスとして写真、いそうな箇所を解説してくれています。

魚は刺身で食べてこそ、本来の旨さが味わえる。酒の肴は、酒の魚。酒飲みには魚が一番の肴。虫なんて怖がっていては、美味しく飲めません。

しかし、同書ワカサギの項では、

-----引用始め-----
湖沼に移植されて生涯を淡水で過ごすワカサギには、寄生虫を宿している危険がある。あまりに清楚な姿に、つい生食をしたくなる気持ちはよくわかる。だが、ワカサギの生食は厳禁!
P.322
-----引用終わり-----

とか。魚が好きで自分で調理したいと思う人には、知るべきことが随所に書かれています。魚を知らない素人でも、まずこの本を見てから調理すれば、隣に魚屋さんが居てくれているようなもの。

この本は文庫本サイズで、「釣り人のための遊遊さかなシリーズ」の一冊。釣りをする人が携帯して、釣った魚をどうやってしめて、保存して、持って帰るか。持って帰った魚をどうやって捌いて、どうやって旨く食べるかを見る本です。
小さい本なので、初めて魚を捌く人には、写真が小さく分からないと思いますが、捌く手順、解説は詳細。ポイント、注意点が随所に書かれ分かりやすい。

魚を自分で調理して、旨く食べたいと思う人には必携の書! 鯵が捌けるようになったら、鰯や秋刀魚、次はどの魚を調理しようかなと思っている人(私のこと)に、ぜひ、持って欲しい本です。
あまりにうれしい本なので紹介してしまいました。


西潟正人さんは、釣り曜日というサイトでエッセイや、魚の捌き方、食べ方も掲載されています。
著書も多数で、テレビにも出演。旅チャンネルの「漁師町ぶらり」は私の好きな番組です。何度もリピートされていますが、何度も見てしまう。釣りをしない人でも、各地の魚、食べ方が知れておもしろい。
お店、地魚料理店「魚屋」を開いてられるそうで、行ったことはないのですが、ぜひ、西潟さんご本人が調理された魚で一杯やりたい!


釣魚料理図鑑-我が家でさばこう!うまい魚101(釣り人のための遊遊さかなシリーズ)

釣魚料理図鑑-我が家でさばこう!うまい魚101(釣り人のための遊遊さかなシリーズ)

  • 作者: 西潟 正人
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2009/07/31
  • メディア: 単行本

関連記事 
・さんまの簡単、早い、きれいな三枚おろし
・しめ鯖と鯖となすのパスタ
・さばの干物でトマトソースパスタ ~ 干物も食材
・赤むつとごぼうのスパゲティ 

        TOP    HOME

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます