So-net無料ブログ作成

豚肉のトマト煮 ~ 時間がおいしくしてくれるもの② [豚肉]

グラーシュという煮込み料理があるけれど、ビールの代わりにワインを入れて、トマトの缶詰で煮込む。

何年か前に作ったもので、その時の気分、気持ちは思い出せず、何を考えて作ってたかは分からない。
残してあった写真を見て、簡単に手抜きで作ったことだけ分かった。

  <材料>
  • 豚肩ロース肉
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • れんこん
  • マッシュルーム
  • ホールトマトの缶詰
  • サワークリーム
  • ワイン
  • オリーブオイル
  • バター
  • コショウ
  • 小麦粉
  • 月桂樹の葉
  • オレガノ
  • マジョラム
れんこんが大好きで、こういうのにはいつも入れてしまう。おいしいし、煮込んでもくずれないから良い。
じゃがいもはすぐに崩れるから嫌。さつま芋の方がいい。

香りつけのスパイスは何を入れたか思い出せない。オレガノは分かったけれど、あとは何をプラスしたか?
オレガノはトマトとよく合うハーブ。
グラーシュにはマジョラムやキャラウェイがよく入れられる。多分、マジョラムを入れたと思う。

他にハーブを使うとしたら、ローズマリー、セージ、タイムなんかが良いんではないだろうか。


  <下ごしらえ>
  思い出せないけど、
  • 肉を大きめに切って、塩、コショウしたら小麦粉をまぶす。
  • 野菜を大きめに切る。
  • 出汁になる方の玉ねぎをみじん切りにする。
  • ホールトマトの缶詰をボールにいれ、手でつぶす。

これだけでかいと煮込みに時間がかかるけれど、大きい方がジューシーでおいしい。

ホールトマトは鍋の中に入れてからつぶしてもいい。


<作り方>
1.みじん切りの玉ねぎをオリーブオイルで炒める。
ふつう、肉を焼いてから一旦取り出し、その鍋で野菜を炒めていくんだけど、肉を焼く写真に玉ねぎが写っていた。よほど早く作りたかったのかも。

2.玉ねぎを端へ寄せて、豚肉を強火で焼く。

みじん切りの玉ねぎは強火では焦げる。端へ寄せるか、バットに取り出したほうがいい。



3.野菜を入れて炒める。

根菜から。
表面に油を絡めるように炒めていく。こういうときはあまりかき混ぜないようにする。かき混ぜると温度が下がり、火の通りが遅くなる。



4.ワインを入れて沸騰させる。
白か赤かどっちを入れたかは思い出せない。ビールでもおいしく作れる。

5.ホールトマトを入れる。


6.水とスパイスを入れて煮る。

強火で沸かしアクを取る。その後は蓋をして弱火でじっくり煮込む。2時間ほど。

7.味を見て塩、コショウする。
味が薄いからといって、塩をしすぎるとしょっぱくなる。コンソメ顆粒など、余計な味付けをする前に、他に何が足りないか考えてみると良い。

・バターは味にコクと深みを与えてくれる。
・足りない香りをプラスする。生姜やニンニク、鷹の爪。
・煮汁だけを煮詰めて味を濃くする。

8.火を止めて、そのまま1日おいて味を落ち着かせたらできあがり。
食べる前に温め、皿に盛ったらサワークリームをのせて食べる。



グラーシュというとチェコやハンガリーで食べられる料理。グラーシュにはチェコビールを入れて煮るとおいしい。
今ではビールはたくさん飲めなくなったし、発泡酒を飲んでいるけど、15年くらい前、チェコビールをよく飲んでいた。言語学者の千野栄一さんの本から出会えたおいしさだった。


関連記事
・牛肉のワイン煮 ~ 時間がおいしくしてくれるもの①
・ポトフ ~ 生姜のやさしさ
・豚肉のハートキルシュ煮 ~ フルーツティーで煮込む


・豚バラ肉とカキの鍋 ~ 白菜の水分で煮る
・タラとたらこの親戚鍋 ~ たらこ出汁
・トマトソース① ~ 何にでも使えるソースに
・トマトソース② ~ ワインの煮詰めがポイント


        TOP    HOME





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます