So-net無料ブログ作成

リキュール① ~ お菓子をおいしくしてくれる [甘いもの]

グラス棚の上はリキュール、洋酒でいっぱいになっている。

テーブルにお菓子に使いそうなものを並べてみた。
このお酒を入れることで美味しいものになる。入れると入れないでは大違い。

お酒を他の飲み物と混ぜて飲んだりすることはない。混ぜて飲むのは嫌い。
リキュールをそのまま飲むと、原料の香りが口、鼻、胸にまでいっぱいに広がる。


幸せな気分。


このお酒を材料に合わせて使い分ける。

幸せな気分を味わいたいから。



幸せにしてくれるお酒を眺めながら、その果物が出てくるのを待つ。お酒を見ているだけでも季節を感じられる。



リキュールには深い歴史がある。ワインは醸造酒で、リキュールは蒸留酒。古い時代に蒸留の技術はなかった。蒸留酒が作られたのは11世紀になってからのよう。

リキュール - Wikipedia

蒸留酒自体はスピリッツと言われる。そのスピリッツに果物やハーブの香りや味を加えたものがリキュール。

フランス語で蒸留酒は生命の水と言う。オードヴィ(eau de vie)、命を与えてくれる水。
蒸留酒の総称をオードヴィとするよう。それにブランデーも含まれるのか、フランス人の気持ちを持っていないので、よくは分からない。言葉を単に直訳するのは危険である。ブランデーも蒸留酒だけど、同じブランデーでもコニャック、アルマニャックとある。アップルブランデーはカルバドスでも、チェリーの蒸留酒はブランデーなのか、オレンジはどうなのか、分からなくなってくる。


Wikipedia のリキュールのページに「アブサン」が写っていた。幻覚を起こし、身を滅ぼすお酒。今では「ペルノー」として売っている。
このお酒はそういう気持ちになったときしか、受け入れてくれない。ただ飲むのでは、強烈な香りに倒されるだけである。

記憶を失いたいときに飲むことがある。



           HOME


時間は、淡々と過ぎていく。

今日が終わったら、また明日が来る。

明日が来ても、

思い浮かぶ。


夢の中にまで、

出てきて、

忘れさせないでいてくれる。

どうして、消えてくれないの。

時間が経って、忘れたように思えても、

また、

思い浮かぶ。

幸せには終わりがある。


My Heart Will Go On

クリックすると YouTube へ飛びます。

セキュリティ、スパム対策を万全に。
メールアドレスはエイリアスを使い、本当のアドレスは自分以外に絶対に教えない、送信しないように。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます