So-net無料ブログ作成

菜の花のマヨネーズ和え ~ 蒸し焼きで [野菜]

菜の花はほろ苦い味ですが、蒸し焼きにすると甘くなります。粒マスタードとマヨネーズで和えると、ワインのアテに。

蒸し焼きにすると茹でるのと違って、シャキシャキとした食感も残ります。完全に火を通さないで、少し生っぽいところがあると、ツーンと辛みが鼻を通り、甘さと辛さの両方が楽しめます。

せいろ蒸しでも甘くなりますが、酢しょうゆが合うかな。そしたら焼酎がいい。
ワインが相手なら蒸し焼きでマヨネーズか一番いいと思います。

  <材料>
  • 菜の花
  • 塩、コショウ
  • オリーブオイル
  • 粒マスタード
  • マヨネーズ



  <下ごしらえ>
  • 菜の花を水に漬けてシャキッとさせ、水気を切る。

しおれてしまったものは蘇生できませんが、水菜や小松菜と一緒で、水に漬けておけば少しは蘇ります。
菜の花を買ってくるときは、まず、つぼみが黄色くなっていないかを見ます。そして、葉や茎がとろけてないか見て、あとは緑が鮮やかかどうか。

菜の花は束のままのと、切ったものも売っています。できたら束のままのがいいですね。
束のままでいいのがあったら、買って帰ったら水で濡らした新聞紙やペーパーでくるんで、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存すればけっこう持ちます。


<作り方>
1.水気を切った菜の花を鍋に入れる。

できたら厚手の鍋で蓋が重いもの。なかったらフライパンや土鍋、タジン鍋でもできます。

2.弱火で10分くらい加熱する。

10分もと思われるかもしれませんが、少しずつじわじわと水分を出させることで、菜の花の旨みを逃さず、甘みを引き出すことができます。

菜の花の量と鍋、火力で時間が変わってくるので、少しかじってみて確認する。

3.菜の花を塩、コショウ、粒マスタードで味を付け、オリーブオイルを絡める。

熱いうちに塩コショウ、粒マスタードで味付けします。これで味が決まります。
マヨネーズのかけ過ぎは水っぽくなるだけ。ここでしっかり味をしっかり付ければ、マヨネーズは少しで済みます。

味付けしたらオリーブオイルを絡めて、菜の花から水分を出にくくします。
最初にオリーブオイルをかけると、味がつきにくくなります。

4.冷めたらマヨネーズで和える。

マヨネーズを分離させないためにも、冷めてからの方がいいですね。菜の花の表面にマヨネーズをのせる感じ。


すぐに食べるよりも、冷蔵庫で冷やして翌日とかの方がおいしく食べられます。


マヨネーズの味がしないように見えますが、菜の花の味、甘み、苦味、辛味、全部揃っています。ごはんのおかずにはなりませんが、ワインで春の香りが愉しめます。

関連記事
・野菜の保存の仕方① ~ 菜の花
・タラと菜の花のスパゲティ ~ タラをおいしく調理する
・菜の花と鶏肉のせいろ蒸し ~ 味付けは梅干だけ

・ストウブ オーバル17cm ~ 野菜の下ごしらえに便利


        TOP    HOME




nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kizママ

加熱する時は、ふたをするのですか?
これ、すごく美味しそうです~(^^♪
by kizママ (2010-03-10 13:30) 

deipno

はい、蓋をします。じっくり、じんわり火を通して、汗をかかせるように。
どんなものも作り方を変えたら、いろんな味わいになっておもしろいですね。

by deipno (2010-03-11 01:02) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます