SSブログ

生鮭のマヨネーズ焼き ~ 皮はこんがり焼く [鮭]

生鮭を焼いてマヨネーズとマスタードをのせて、オーブンで焦げ目がつくまで焼く。鮭は皮がおいしいのでこんがり焼いてから。

お弁当にして持って行きましたので、こんな容器で焼いてますが、お家で食べるならグラタン皿などでどうぞ。

  <材料>(一人分)
  • 生鮭・・・2切れ
  • 玉ねぎ・・・小1/2個
  • じゃがいも・・・1個
  • アスパラ・・・2本
  • ミニトマト・・・2個
  • マヨネーズ・・・大さじ1~好きなだけ
  • 粒マスタード・・・小さじ1~好きなだけ
  • 粉チーズ・・・適量
  • 塩、コショウ・・・少々
  • 白ワイン(酒)・・・鮭の臭み抜きに適量
  • オリーブオイル
野菜は玉ねぎとじゃがいもが入るとおいしいですが、他にはれんこんやきのこ類がいいと思います。
粒マスタードがなくてマヨネーズだけでもOK。
鮭と野菜をバターで焼いてもおいしくなります。
鮭の代わりに鶏肉や豚ロース肉でも違った料理になる。
塩鮭で作るなら塩とマヨネーズの量を控えればできます。

  <下ごしらえ>
  • 生鮭に塩コショウして白ワインを振りかける。
  • 玉ねぎを薄切りにする。
  • じゃがいもの皮を剥いて、少し厚めの薄切りにして水にさらす。
  • ミニトマトを横半分に切る。
  • アスパラの下のほうの硬い皮を剥いて、3等分に切る。

鮭の皮には強めに塩をして、身の方にも塩と胡椒を振ります。

白ワインをかけたら皮の方が浸かるようにしておきます。こうすれば生臭みが抜けて皮がおいしく食べられます。日本酒でもかまいません。
塩鮭ならこの下ごしらえはいりません。


水にさらしたじゃがいもはペーパーなどで水気をよく拭き取ります。


<作り方>
オーブンを180度に予熱しておく。オーブントースターでもできます。

1.フライパンを熱々に熱してオリーブオイルを引き、鮭の皮をこんがり焼く。

フライパンはよく熱しておかないと皮がくっつきます。鮭を入れてすぐは触らない。皮の上の身が白っぽくなったら焼けてますのでひっくり返す。ひっくり返したのが写真です。少し皮がくっついて破れた。

反対に冷たいままのフライパンで、弱火でじっくり焼いても皮がくっついてめくれることなく焼けます。

2.玉ねぎとじゃがいもを炒める。

じゃがいもの方が火が通りづらいので、鮭をフライパンの端に寄せて、しっかり焼いた方がいいかもしれません。じゃがいもは火を通し過ぎると、くずれてしまいますが、生焼けのじゃがいもはまずくて食べられません。

じゃがいもは両面焼く。その頃にはもう玉ねぎはしんなりしてると思います。
アスパラはすぐに火が通りますので、ここで炒めなくてもオーブンに入れてから焼いても大丈夫。太いアスパラなら少し炒めておく。

じゃがいもと玉ねぎには塩、コショウして味を付けておきます。

3.鮭とじゃがいも、玉ねぎを耐熱皿に移す。

じゃがいもを下にひいて鮭を上にのせる。玉ねぎは適当に散らす。

4.マヨネーズと粒マスタードを混ぜて鮭の皮に塗り、アスパラとミニトマトをのせる。




5.180度のオーブンで10分くらい焼く。

粉チーズを振るのを忘れたため、焼き始めてから慌ててかけた。粉チーズは無しでもかまいません。

オーブンによって温度と焼き時間を調節してください。オーブントースターならもっと早く焼きあがります。
粉チーズが溶けてマヨネーズに焦げ目が付けば出来上がり。


マヨネーズは鮭の皮にしか塗ってませんが、玉ねぎやじゃがいもにのせてもおいしくなります。トマトにマヨネーズはダメ。トマトの水分とマヨネーズのが分離して非常にまずくなります。水と油は仲が悪い。

鮭の皮はこんがり、ほくほくのじゃがいもと甘い玉ねぎ、マヨネーズが焼けた良い臭いで、お弁当にするにはもったいない、鮭のマヨネーズ焼きでした。

関連記事 
・生秋鮭と野菜の蒸し焼き ~ 白子も一緒に
・鶏むね肉のオーブン焼き
・カキのグラタンとシャブリ ~ ワインの自由
・鶏肉と白菜のクリーム煮 ~ シチューとグラタンの違いは?
・鶏もも肉のオーブン焼き ~ カレーの風味でスパイシーに
・魚は生臭い? ~ 臭み取りの方法
・まぐろのカマの塩焼き ~ 冷凍でもおいしく食べるには? 
道具の紹介記事
・グラタン皿 ~ 丈夫で永く使えるもの
・錆びない鉄フライパン ~ リバーライト極

        TOP    HOME

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。