So-net無料ブログ作成

明太子スパゲティ ~ からすみに負けない味わい [パスタ・ピザ]

からすみのスパゲティはとてもおいしいですが、高価なので頻繁に食べられません。明太子を使ってからすみのスパゲティを作ります。

明太子を大きめに切ったためゴロゴロとしてますが、からすみを食べたことない人に、からすみスパゲティだって出したらバレナイかも。

明太子スパゲティだとふつうはバターと混ぜて和えて作りますね。これはからすみスパゲティのように、オリーブオイルで炒めて作ります。たらこでももちろん出来ます。いつものたらこや明太子のパスタに飽きたらぜひどうぞ。

  <材料>
  • 明太子・・・ひと腹
  • トマト・・・小1個
  • にんにく・・・ひとかけ
  • 水菜・・・ひと株(って言うの?)
  • パスタ・・・食べたいだけ
  • 塩、コショウ・・・適量
  • 白ワイン
  • オリーブオイル
材料はいたってシンプル。水菜はなくてもかまいません。オイル系のパスタなので、何か青い葉ものが入った方がおいしく食べられます。イタリアンパセリがあればベストです。

  <下ごしらえ>
  • 明太子をオーブンで焼いて適当な大きさに切る。
  • にんにくを叩き潰す。
  • トマトの皮を湯剥きして種を取り、細かく切る。

バットに薄くオリーブオイルを塗って、オーブン、オーブントースターで焼きます。この明太子スパゲティは和えないで炒めますので、バラバラに崩れない方がいいためです。
180度、10分焼きました。オーブントースターならもっと早く焼けます。焦げないよう途中で様子を見てください。

中まで完全に火を通す必要はなく、切ったときにボロボロに崩れない程度に焼き固める。
グリルやフライパンで焼いてもかまいません。
焼けたら適当に小さく切ります。

からすみとはまるで色合いが違います。でも、味はからすみなんです。

明太子なので鷹の爪は入れなくてもいいです。

トマトの皮を湯むきして種を取ったら細かく切り、塩をして水分を出しておきます。



トマトが大きかったので、この量だとちょっと多過ぎ。トマトが多過ぎると甘くなって明太子の風味が負けてしまいます。でも、他に使う予定なかったので全部入れちゃった。

水菜は葉と茎に分けておきます。時間差でフライパンに投入するためです。Tips1(水菜の冷蔵庫保存)

これもあまりたくさん入れ過ぎると青菜パスタになります。適量入れてください。


<作り方>
1.フライパンにオリーブオイルを引いて、叩き潰したニンニクを弱火でじっくり加熱する。

オリーブオイルの量が多く思われるかもしれません。でもこれくらい必要。オリーブオイルの風味が苦手なら、バージンでないピュアオイルを使ってください。きっと苦手じゃなくなると思います。私はほとんどピュアしか使わない。バージンはさじ1杯とかあとでかけるだけ。

焦がさないようじっくり、じわじわと。


これくらいまで頑張ってください。

食べたらホクホクでおいしいくらいまで。もちろん食べてもいいですが、ニンニクオイルが出来たら取り出します。

2.焼いた明太子を炒める。

もう少し細かく切った方がからすみに見せられたかな?
焼いてあるのでサッと。

3.白ワインをかけてアルコールを飛ばす。

強火にかけてフライパンを揺すり、オイルと水分を乳化させる。

4.トマトを入れて炒める。


このソースが麺と絡まりおいしくなります。


5.ソースの火を止めてパスタを茹でる。
同時進行できる方はソース作りと一緒にパスタを茹でてください。

6.パスタの茹で上がる少し前に、ソースを再び加熱して水菜の軸を炒める。

      ↓


7.茹で上がったパスタを入れて絡める。

パスタは水分を吸います。茹で汁を加えてください。あれだけあったソースの水分をみんな吸ってしまいます。


8.塩味みて足りなければ、塩コショウ。

9.火を止めて水菜の葉を入れ、蓋をする。



葉っぱは余熱ですぐに火が入るので、少しだけ待つ。
蓋を取って混ぜる。


お皿に盛ったら完成。

からすみじゃないですけど、からすみに負けない味が何百円の明太子で出来ます。


トマトの皮の湯剥きの仕方 
・トマトの皮の湯剥きの仕方 
関連記事 
・ボンゴレスパゲティ
・タラとたらこの親戚鍋 ~ たらこ出汁
野菜の保存の関連記事 
・野菜の保存の仕方② ~ イタリアンパセリ
・卯の花団子酢豚風 ~ 卯の花作り過ぎて②
・肉ニラそば 


Tips1
水菜、こういう葉ものを一度に使い切れないときは、そのまま冷蔵庫にしまわないで、一度水(氷水)に浸けてしゃきっとさせ、ざくざくに切ってからしまえば長持ちします。

野菜は成長しよう、伸びようと冷蔵庫の中でも
生きています。寝かしてしまうと、曲がって余計にストレスを感じてすぐにしおれていきます。
それじゃ成長できないように切ってしまえば。
かなり寿命を延ばすことができますよ。ラップをしてホーロー容器に入れれば3、4日どころかもっといける。
切らないで湿らした新聞紙に包んでしまうという手もありますが、どうせ切るんだから、この方が次使うときも便利。
イタリアンパセリも買って来たら、よくあまらせがちです。イタリアンパセリは切ってしまうと香りがなくなっていくため、濡らしたペーパーなどで包んでビニール袋に入れ、口を結んで密閉してしまうといいです。

戻る

        TOP    HOME

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます