So-net無料ブログ作成

石鹸 ~ 石鹸はどれも同じ? [道具]

最近、ちょっと疲れ気味で料理の作り方の記事を書くのをさぼっています。ふつうに食べるよりも、写真取ったりで倍以上の時間がかかるので、ペースを落とすことにします。

今日は石鹸のお話を。
ちょうど新しい石鹸を下したので写真に取りました。

何のことはない、極ふつうの固形石鹸です。パッケージには無添加石鹸と書かれていますが、石鹸にこだわりは持っていません。何でも使います。

ただし、化学の合成物質で作られたものは使いません。
写真の石鹸は体を洗う石鹸売り場に売っている、固形の石鹸の中の合成物質が使われていないものです。臭いも何もありません。安価なもの。

これで、自分自身の体も、食器もお鍋も木のまな板もみんな洗います。石鹸は使い分ける必要はないと思います。

液体の石鹸でも化学物質が使われてないものもありますけど、けっこう高価ですね。少ない量でいい値段付いてる。液体ので安い石鹸探すと、やはり合成石鹸になる。でも、そんなもので木のまな板や土鍋を洗って、染み込ますわけにはいきません。

合成された液体石鹸は、よく便利なボトルに入って売っています。ポンと頭を押せば1回分の量が出てきて、この使い良さを覚えたら止められなくなります。もう、固形石鹸になど使う気になりません。

  <固形石鹸の良いところ>
  • 安価である。
  • 手が荒れない。
  • 油が良く落ちる(油で出来てるから当たり前)。
  • 万一、食べるものにかかっても大丈夫。なんなら野菜だって洗ってもOK。
  • スポンジが超長持ちする(液体の合成石鹸浸けっ放しにすると、すぐにダメになるでしょ?)。
  • 台所用、体用とか石鹸を使い分ける必要なくなる。
他にもあるでしょうが急には思いつきません。

  <固形石鹸の悪いところ>
  • 小さくなったとき使いづらい。
  • 水やお湯に溶けやすく、やわらかくなって皿やバットにくっつく。
  • よくすすがないと、白い粉として残る。
  • 薄くなると折れる。
  • 良い香りがしない。
これくらいでしょうか。
体や髪の毛を洗っても良い香りは当然付きません。でも、支障ないと思いますけどねえ。

オリーブオイルで出来た石鹸など使えたらいいなと思いますが、とても高価で庶民には無理ですね。

何にでも例外があり、洗濯機や食器洗い機などには向いていません。それらには香りの付いた合成石鹸使わないと、機械の中が匂ってきます。仕方ないので合成石鹸使ってます。

石鹸は体用、台所用、洗濯用、...色々ありますが、何が違うんでしょうか? 合成された化学の成分が違うだけじゃないのかな。いつも選ぶの大変でしょ。
固形石鹸1個で全てを済ませる決意はできませんか?

石鹸について触れた記事
・さんまご飯 ~ 薬味と梅干でさっぱりと
長持ちしているスポンジ

さんまを焼いたグリルを洗う前に。。。


        TOP    HOME

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
鈴虫

洗剤について、あまり深く考えたことがありませんでしたが、この記事を拝見して、はっと気付かされました。食器はなにも食器用液体洗剤じゃなくてもいいんですね!
わたしも考えてみることにします!
by 鈴虫 (2009-11-11 10:05) 

deipnosophistae

こんばんは。洗剤はメーカーが種類を豊富にして、色々と消費者に買わせているだけです。消費者が色々買いすぎるのがいけないのですが、1個あれば十分です。女性だと難しいかもしれませんが、髪をシャンプーじゃなくて普通の石鹸で洗うと、いかに化学物質に侵されているかが分かります。普通の石鹸で洗うと、髪がタワシのようにゴワゴワで硬くなります。我慢して続けると1週間はハリネズミのような硬さに不安になり、さらに我慢して1ヶ月続けると柔らかく自然な髪に戻ります。自然の髪に戻すのには1ヶ月はかかりますね。この自然の髪をシャンプーで洗うと、たった1日でハリネズミになってしまう。びっくりしますよ。
香りの成分で自然のものなら大丈夫だと思いますので、良い香りのものなら、オリーブオイルの石鹸で色々探すのが人体には一番いいと思う。
食器や鍋なら、安物の固形石鹸で十分ですよ。重曹もOK。重曹は食べられますから。

by deipnosophistae (2009-11-12 00:03) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます