So-net無料ブログ作成

手作り干し葡萄 ~ オーブンで焼いて作る [果物]

干し葡萄を自分で作ると、ひと粒ひと粒に愛着がわいて食べるのがもったいなくなります。
天日で干すのは難しいので、低温のオーブンで焼いて旨みを凝縮させます。

120度のオーブンで6時間焼いた。ちょっと焼きすぎで、小さいのは焦げて苦味が出ていた。

葡萄は種の無いピオーネを使いました。

水で洗って汚れを落とし、水気をよく拭いておきます。
生のまま食べるとものすごく甘い。こんな甘いの苦手...、私にとってはやはりぶどうは、食べるものじゃなくて、飲むものです。


オーブンの温度は何度が適切なのかは分かりません。高いと早く水分が抜けるでしょうが皮が焦げます。

120度で予熱。

天板にぶどうを並べます。

天板の上には、下からも熱がじっくり伝わるよう、銅板を引いてあります。

オーブンに入れて焼く。

途中、何回かひっくり返す。


1時間後、


2時間後、


3時間後、




4時間後、

まだまだ、水分がいっぱいでやわらかい。

5時間後、

このくらいでも十分じゃないでしょうか。でも、まだ水分が出ていて、もっと焼きたくなった。

6時間後、

まだ、水分が...

この後、室温で半日乾燥。




食べてみると、小さいのは水分が抜け切り、売っているドライレーズンの味です。皮がちょっと焦げて苦味があった。焼きすぎですね。でも、一応これで完成。

関連記事 
・手作り干し葡萄その後 ~ ラム酒漬け
・バターレーズンサンド ~ いつか成功したい

・干しぶどう① ~ 今年の第1号。この先どうなるか。。。
・干しぶどう① ~ ラムレーズンアイスクリーム
・干しぶどう① ~ くるみとレーズンのケーキ

・生落花生 ~ 殻ごと焼く・茹でる


           HOME





nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます