So-net無料ブログ作成

かぼちゃの蒸し焼き [野菜]

シンプルにかぼちゃを蒸し焼きにします。かぼちゃ自身の水分だけを利用して、オーブンで蒸し焼き。かぼちゃ本来の味とホクホク感を味わう。



ストウブのココット鍋を使いました。鉄鋳物で蓋も重く、蒸し焼きや煮込みに最適な鍋。ダッチオーブンや陶板、土鍋でもできると思います。

・かぼちゃは種とワタを取って、適当な大きさに切る。皮はそのまま。

水は入れない。砂糖も塩も振らない。かぼちゃだけ。

・オーブンかオーブントースターを180度に余熱する。
・ココット鍋に薄く油を塗る。オリーブオイル、サラダ油どちらでも。ラードだとよりおいしくなります。
・かぼちゃをココット鍋に並べ蓋をして、オーブンで40分蒸し焼きにする。
・串を刺してすーっと通れば出来上がり。
オーブンの温度、蒸し焼きにする時間は、鍋やかぼちゃの大きさで違ってきます。
鍋に入れて、ただ蒸し焼きにするだけの簡単なものなので、あまりそんなことに気を使わないで、かぼちゃに火が通っていればOK! って感じでやればいいです。200度だって、220度だって、時々蓋を開けてかぼちゃの様子を見ればOK!

ここで今回は色気を出して、表面をこんがりさせてやろうと、蓋を取って220度で10分焼いた。これが失敗。パサパサにしてしまった。


パサパサになった表面はカットしました。かじったら旨くなかった。

蒸し焼きにしたかぼちゃに、塩をほんの少しパラパラしていただく。香ばしく焼けた皮がまた美味しい! 蒸し焼きはかぼちゃ本来の甘さ、ホクホク感が最高の状態で食べられます。
シンプルなものだけに、塩は岩塩をすり卸してパラリと振りかけた。粗く砕いてのせてもいいです。

岩塩は非常に硬いので、卸金はチタン製を使用。ステンレス製ではすぐにだめになってしまう。高価ですが一生モノです。


 関連記事
・とうもろこしの蒸し焼き
・じゃがいもの蒸し焼き ~ ほくほくがたまらない
・もやしと豚バラ肉の蒸し焼き ~ 手作りゆずぽん酢で
・生秋鮭と野菜の蒸し焼き ~ 白子も一緒に

・かぼちゃのグラタン ~ 小麦粉をよく焼く②

鍋の紹介記事
・ストウブ オーバル17cm ~ 野菜の下ごしらえに便利


チタンの卸金


        TOP    HOME







nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます